ホーム > 勝どき・晴海エリア > 勝どき

ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス

概観
ザ・パークハウス晴海タワーズは晴海エリアに建設された「ティアロレジデンス」と「クロノレジデンス」の2棟で構成された大規模ツインタワーマンションです。
層戸数は2棟合計でなんと1744戸を誇ります。三菱地所レジデンスと鹿島建設のタッグによって2016年4月に施工されました。
「ティアロレジデンス」「クロノレジデンス」共に地上49階地下2階建てとなっており、湾岸都市ならではの、海を取り入れた空間設計(ウォーターフロント)が特徴です。

公式サイトによると、「クロノ」「ティアロ」はそれぞれエスペラント語で「王冠」、「ティエラ」を意味するらしいです。
こちらの記事では「ティアロレジデンス」を紹介します。

ティアロレジデンスの総戸数は861戸。クロノレジデンスの883戸よりわずかに少ないですが、敷地面積はこちらの方が広くなっています。
とはいえいずれにしても気にするほどの差はありません。
ザ・パークハウス晴海タワーズ ティアロレジデンス の物件概要
所在地 東京都中央区晴海2-3-2
交通 都営大江戸線 勝どき駅 徒歩13分
築年 2016年04月施工
(築5年)
施工業者 鹿島建設株式会社
総戸数 861戸
構造 鉄筋コンクリート(RC) 地上49階建て 地下2階
賃料 2LDK/3LDK 間取 190000円 〜 350000円
面積 43.33㎡~127.79㎡
共有設備 コンシェルジュ フィットネス パーティールーム ゲストルーム ラウンジ スカイラウンジ ミーティングルーム ライブラリー キッズルーム バーラウンジ 各階ゴミ置き場 オートロック エレベーター 宅配ロッカー トランクルーム 24時間有人管理 防災センター 駐輪場 車寄せ
室内設備 TVモニターホン フローリング システムキッチン(ガス) システムキッチン(IH) バストイレ別 ウォシュレット 独立洗面台 シャンプードレッサー 浴室乾燥機 追い焚き 室内洗濯機置場 クローゼット ウォークインクローゼット シューズインクローゼット エアコン ディスポーザー 床暖房 浄水器 オール電化

2. デザイン


世界的に著名なデザイナーであるリチャード・マイヤー氏によってデザインされ、2016年にグッドデザイン賞を受賞しました。

クロノレジデンスとティアロレジデンスとではデザインコンセプトが異なり、ティアロレジデンスは「Origami」(折り紙)と呼ばれるデザインコンセプトとなっています。
バルコニーの手すりに反射用のガラスを用いることで海や空の色を反射します。
住友不動産のラ・トゥールシリーズで用いられているガラスカーテンウォールとは異なり、壁面が総ガラスというわけではありませんがタワーマンションならではのダイナミックなビジュアルを演出しています。

エントランスは2層吹き抜けとなっています。大部分の壁面がガラスでできており光があふれ出る落ち着いた空間となっています。

3. 共用施設・サービス


変わったサービスとして住民専用の自転車のレンタルサービスが利用可能です。
湾岸エリアは電車の駅が少なく移動が大変なイメージがありますが自転車があると便利です。人通りも少なく道も広いためそういった面でも自転車での移動に適していますね。
また、自動車のレンタル(カーシェアリング)も可能できます。さらに電気自動車の充電サービスもあります。

2種類のラウンジやライブラリールーム、住人専用のルーフテラスなど充実した共用施設がそろっています。
この点は湾岸エリアのマンションなれではといった感じです。
ゲストルームや音楽室、書斎として活用できるスタディブース等も設けられています。

4. 間取り、賃料


一番小さなお部屋でも43㎡ の広さがあり賃料もそこそこ値が張ります。
こちらは1LDK44㎡で19万のお部屋の間取りとなります。
間取り

最上階のペントハウスでも130㎡弱の広さにとどまっており、高級マンションというよりもファミリー向けのマンションという位置づけのようです。
また基本的には分譲マンションであため賃貸の募集があまり多くはありません。

5. 内覧動画




6. アクセス


晴海運河沿いに建設されているため大通りから少し奥に入った場所にあり駅から遠いのがデメリットとして挙げられます。
ティアロレジデンスの最寄り駅は都営大江戸線の勝どき駅と月島駅でそれぞれ徒歩13分です。クロノレジデンスは勝どき駅徒歩11分なのでティアロレジデンス方が少しアクセスが悪いです。
前述の通り晴海エリアは電車の駅が少なく、どこに向かうにも橋を渡る必要があったり、まっすぐ進むことができなかったりと決してアクセスが優れているエリアではありません。
共用サービスであるレンタサイクル等を利用したり、あとはバスが充実しているのでそちらを利用するのもいいかと思います。

7. 近隣施設


大規模商業施設である晴海トリトンスクエアが徒歩圏内ではありますが、晴海エリアは買い物や飲食ができる場所が少なく、勝どき駅の方まで出向かないと不便さを感じてしまうかもしれません。
徒歩5分ほどの場所に24時間営業のマルエツがあり日頃の買い物はこちらで済ませるのがよさそうです。
あるいは少し距離はありますが橋を渡って豊洲方面へ向かえばららぽーとなどのショッピングモールが揃っています。

8. まとめ


大規模ツインタワーマンションであるザ・パークハウス晴海タワーズ。今回はティアロレジデンスの紹介でした。
ツインタワーでありながら異なるデザインコンセプトで設計された珍しいタイプのマンションです。ツインタワー自体珍しいですが…(晴海にはドゥ・トゥールや東京タワーズといったツインタワーがいくつかあります。)
ティアロレジデンスはティアラを意味するということで女性的な美しさ優雅さを意識したつくりなのかもしれません。
駅が遠い、近くにお店が少ないといったデメリットはありますが、それらはこのマンションに限ったものではなく晴海エリア全体の特徴でもあり、ごちゃごちゃしていない・人通りが少ないというメリットもあります。
2022年の施工及び開業が予定されているHARUMI FLAGが開業すれば晴海エリアも賑わってくるかと思います。

家賃相場が低めの晴海エリアにおいてはお部屋だけみるとちょっとコスパが悪い印象ですが共用施設・サービスが充実しているためそこに魅力を感じることができるか否かで評価が分かれそうです。
物件を借りる
(SUUMOのサイトへ移動します)