ホーム > 六本木・青山エリア > 外苑前

ザ・コート神宮外苑

  • 2021/01/15
  • 最終更新:2021/01/15
概観
ザ・コート神宮外苑は渋谷区神宮前に2020年に建設されたタワーマンションです。
地上23階地下1階建て、高さは80メートルとタワーマンションとしては小ぶりな部類ですが、総戸数は409戸とそこそこ多いです。
新国立競技場の建設に伴う神宮外苑エリアの再開発事業の一環として建設されました。神宮外苑再開発エリアでは唯一のレジデンスとなります。
ザ・コート神宮外苑の物件概要
所在地 東京都渋谷区神宮前2-2-39
交通 東京メトロ銀座線 外苑前駅 徒歩8分
築年 2020年04月施工
(築1年)
施工業者 大林組
総戸数 409戸
構造 鉄筋コンクリート(RC) 地上23階建て 地下1階
賃料 *** 間取 ***
面積 ***
共有設備 コンシェルジュ フィットネス プール パーティールーム ゲストルーム ラウンジ キッズルーム 各階ゴミ置き場 オートロック エレベーター 宅配ロッカー トランクルーム 24時間有人管理 駐輪場
室内設備 TVモニターホン フローリング システムキッチン(ガス) バストイレ別 ウォシュレット 独立洗面台 浴室乾燥機 追い焚き 室内洗濯機置場 クローゼット ウォークインクローゼット エアコン ディスポーザー 床暖房 浄水器 食器洗浄機

2. デザイン


上から見ると「く」の字型の形状となっており、結構幅があります。
23階建ての比較的低層タワーマンションでありながら、400超のお部屋を用意できるのはそのためでしょう。
外観

公式サイトに以下のような記載があります。
「キーワードは緑を取り込む“Seamlessシームレス”、躍動を描く“Wellnessウェルネス”、空間の質を高める“Sensitiveセンシティブ”。その象徴として「リボン」をデザインモチーフに採用し、神宮外苑らしさを表現しながら、風景と調和する住まいを創造する。」

「く」の字型というよりもリボン型といった方が適切なようです。

デザインはどことなく、新国立競技場と統一感を持たせたような雰囲気があります。

内部は曲線を多用したデザインとなっています。
近代的で高級感があります。
内装1
内装2
内装3
内装4

3. 共用施設・サービス




4. 間取り、賃料


55㎡の1LDK、98㎡、109㎡、121㎡、150㎡の3LDKのルームプランが公開されています。

賃料としては55㎡の1LDKが30万円台から。新築であることを踏まえるとそこまで高額な賃料ではありません。
間取り

5. 内覧動画


THE COURT神宮外苑 新築・2LDK・56.78㎡(再開発エリアで唯一のマンション事業の誕生・内見動画


6. アクセス


都市部のタワーマンションとしては駅までのアクセスの悪さが欠点として挙げられます。
最寄駅である東京メトロ銀座線の外苑前駅までは徒歩8分の距離。
その他にも都営大江戸線国立競技場駅、東京メトロ副都心線北参道駅、JR総武線の千駄ヶ谷駅が徒歩圏内ではあるものの、それぞれ徒歩11分、13分、14分の距離となっています。
駅の少ない湾岸エリアならいざ知らず、様々な路線が密集する都心エリアとしては使い勝手が悪いのは否めません。

ただこのデメリットは言い換えれば、喧騒から離れた静かなエリアでゆったりとした生活ができるという利点にも繋がります。
ライフスタイルによって評価が分かれるところです。

7. 近隣施設


前述の通り、新国立競技場の建設と同じプロジェクトによって建設されたタワーマンションであり、新国立競技場、明治神宮球場といった有名競技場が目の前に広がります。
神宮の森と称される広大な緑地の中にあり開放感のあるエリアで、國學院高等学校、青山高等学校が隣接しています。

一見、周囲にお店が少なそうなエリアですがひと区画移動して外苑西通りの方に出ればコンビニも結構あります。

8. まとめ


高級住宅街である青山や表参道も近いですが、ザ・コート神宮外苑はほぼ新築にも関わらずそこまで賃料が高くなく、コストパフォーマンスの高いタワーマンションといえるでしょう。
神宮外苑に居を構えることができるのも一つのステータスになるかと思います。
各駅が少し遠い点がネックポイントでもあり、エリアの特異性とのトレードオフとなりそうです。
物件を借りる
(SUUMOのサイトへ移動します)