ホーム > 六本木・青山エリア > 六本木一丁目

泉ガーデンレジデンス

  • 2021/01/16
  • 最終更新:2021/01/16
概観
泉ガーデンレジデンスは港区に存在する東京メトロ南北線六本木一丁目駅直結のタワーマンションです。
「六本木一丁目西地区第一種市街地再開発事業」の一環として大規模複合施設である泉ガーデンのレジデンス棟として施工されました。
泉ガーデンは六本木一丁目エリアの再開発の象徴的な施設であり、泉ガーデンの施工以降はテレビ東京が入居している六本木グランドタワーなどの大型ビルの建設が進みました。
2002年施工という少し古めの物件ではありますが、今でも六本木一丁目エリアのシンボルのひとつとなっています。
名称である泉ガーデンはデベロッパーである住友不動産の江戸時代の屋号「泉屋」にちなんでいるようです。

泉ガーデンレジデンスは地上32階建て地下2階建て、高さは地上116メートルであり、タワーマンションとしては中規模の部類です。
総戸数が195戸を誇ります。賃料は46㎡のワンルームが30万円台中盤からとなっています。
泉ガーデンレジデンスの物件概要
所在地 東京都港区六本木1-5-3
交通 東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 徒歩1分
築年 2002年07月施工
(築19年)
施工業者 清水建設・鴻池組・淺沼組・ 鹿島建設・竹中工務店・住友建設
総戸数 195戸
構造 鉄骨鉄筋コンクリート(SRC) 地上32階建て 地下2階
賃料 *** 間取 ***
面積 ***
共有設備 コンシェルジュ フィットネス 各階ゴミ置き場 オートロック エレベーター 宅配ロッカー 防災センター 車寄せ
室内設備 TVモニターホン フローリング システムキッチン(ガス) バストイレ別 ウォシュレット 独立洗面台 シャンプードレッサー 浴室乾燥機 追い焚き 室内洗濯機置場 クローゼット ウォークインクローゼット エアコン

2. デザイン


ガーデンと名付けられているように緑をふんだんにあしらった空間の中に存在します。
ガラスカーテンウォールデザインを好む住友不動産の物件ですが、建物自体はホワイトを基調とした落ち着いたデザインとなっておりメインタワーである全面ガラス張りの泉ガーデンタワーとは異なるデザインを採用しています。
外観

3. 共用施設・サービス


2000年代初頭の物件ということもあり共有施設やサービスは少なめです。
それでもコンシェルジュやフィットネスジムといった基本的なサービスは抑えているのはさすが高級マンションといったところです。
フィットネスジムには25mのプールが設置されており、住民は無料で利用可能です。
プール

4. 間取り、賃料


全195戸、50㎡から250㎡までの多彩なプランが用意されていますが、施工時に地権者の要望を取り入れて設計されたため同じプランのお部屋は殆どありません。
これらは港区の附置義務住宅となっています。
お部屋の内装はモダン・エレガント・ナチュラルの3パターンが用意されています。
アメリカのホームドラマに出てくるような木材やタイルをあしらったものが多く採用され少々時代を感じるデザインとなっています。
お部屋

賃料はワンルームのお部屋が30万円台からで、頑張れば住めない料金ではなさそうですが、それ以上は50万円以上、ペントハウスともなると100万を優に超えてきます。
築年数が経っているとはいえ、六本木の一等地ですからまだまだ高価格帯のマンションです。

5. 内覧動画





6. アクセス


東京メトロ南北線の六本木一丁目駅から徒歩1分でありほぼ直結です。
南北線の六本木一丁目駅は出口からホームまでの距離が短くアクセスはとても良好かと思います。
六本木通りの坂を上れば都営大江戸線・東京メトロ日比谷線の六本木駅も利用可能ですが、六本木方面に向かう途中の大通り(麻生通り)に信号が少なく、歩道橋あるいは地下通路を利用するか、大きく迂回する必要があり不便です。

7. 近隣施設


泉ガーデンや隣接する六本木アークヒルズ内に様々な商店や飲食店が入居しているほか、近隣にはまいばすけっともあります。神谷町や虎ノ門へ向かう方面は古びた住宅街になっており六本木のイメージとはかけ離れた静かなエリアです。
六本木エリアはJRの電車が通っていないため意外とアクセスが不便というデメリットもあるのですが、ターゲットとしてはタクシーや自家用車で移動する層が中心となるのかと思われます。
目の前を高速道路が通っていることからもちょっと圧迫感を感じてしまうエリアかもしれませんが、前述のとおり神谷町方面は静かな住宅街であり、二面性を持ったエリアとも言えます。

8. まとめ


築20年に迫るタワーマンションであり修繕の課題もありますが、住友不動産の物件ということもあって未だに高級感が保たれており、実際に賃料もまだまだ高いです。
それでも六本木エリアの高級タワーマンションとしては比較的安めの賃料ではあるため、六本木タワーマンションの入門用としては優良な物件かもしれません。
物件を借りる
(SUUMOのサイトへ移動します)